新着情報

「第13回 絶縁油PCBクロスチェック」報告期限11/4

第13回 絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック

絶縁油中の微量PCBの分析精度の向上に資することを目的に、外部精度管理の一環として当研究会にて実施しております「絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック」も回を重ねて、2022年度は第13回目を数えることになりました。自らの分析技術を客観的に判断できる機会となります。分析機関の皆様の積極的な参加をお待ちいたしております。

■実施案内・申込書
「第13回絶縁油中PCB分析クロスチェック」実施案内(PDF)

■スケジュール
申込締切:2022年9月20日(火)まで
試料配付:2022年10月3日(月)予定
報告期限 :2022年11月4日(金)まで

■配付試料について
絶縁油2検体 (1検体当たり約1.5 gを配付予定。残試料は適切に処分してください)

■参加費用(税込)
・第13回 絶縁油中PCB分析に関するクロスチェック
極微量物質研究会会員;5,500円/日本環境測定分析協会正会員;33,000円/一般(会員外);44,000円
<お支払い方法>
参加費用は振込みにてお支払いをお願いいたします。
「請求書」は申込後に自動送信される「申込完了のお知らせメール」文中に記載のURLからダウンロード発行となります(紙面の送付はございません)。
請求書に記載の銀行口座及び期限をご確認の上お振込みください
(お申込の際、試料到着後2週間程度を目途に振込予定日をご記入いただきます)。
※振込手数料等はご負担頂けますようお願い申し上げます。
<お願い>
UTA研口座に複数案件を合算してお振込み頂く場合、下記振込通知書にご記入の上事務局宛にお送りください。
振込通知書(UTA研用)pdf」 , 「振込通知書(UTA研用)excel

■参加申込
※期日にて参加申込を締め切りました

■報告方法
下記の報告様式をダウンロード頂きご記入の上メール送信願います

「第13回絶縁油中PCB分析クロスチェック」報告様式excel(EXCEL)
※報告書様式中に赤字で記載された項目にご留意の上、ご記入ください
※様式中に記載の”報告書送信の注意事項”をご参照頂き送信願います
(ファイルはPDF等に変換せずエクセル形式のまま添付してください)
※報告様式保存時のファイル名※
報告様式のファイル名uta2022-pcb13P_repの部分は変更せず、後に受付番号-機関名を付してください
(例 uta2022-pcb13P_rep-103-日環協UTA研.xlsx)
・受付番号は「申込完了のお知らせ」メールにてご参照願います。

送信先;gokubiken76※jemca.or.jp
(上記アドレスの※を@に返還して送信してください)
※送信頂いた後の受信確認メールの都度発信は行いませんのでご了承願います

関連記事