新着情報

「第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験」報告期限11/4

第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験

極微量物質研究会では、この度「第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験」を実施いたします。
塗膜中PCB分析は、他の廃棄物の分析と比べて特殊な前処理方法であることや、PCB工業製品以外のPCB汚染(有機顔料等の副生PCBなど)の報告があること等、分析の難易度が高い一方、自らの分析技術を客観的に確認するための機会が無かったことから、極微量物質研究会では2020年度に「第1回 塗膜中PCB分析に関する共同実験」を実施しました。その後も要望を多くいただいたことから、今回「第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験」を企画いたしました。塗膜中PCBの共同実験については今回が最後となる見込みです。この機会にPCB分析をされている機関の皆様の積極的な参加をお待ちしております

■実施案内
第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験pdf1(PDF)
上記ご確認の上お申し込みください。

■スケジュール
申込期限 :2022年 8月31日(水)まで
試料配付 :2022年10月 3日(月)より
報告期限 :2022年11月 4日(金)まで

■参加費用(税込)
・第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験
極微量物質研究会会員;22,000円/日本環境測定分析協会正会員;55,000円/一般(会員外);66,000円
<お支払い方法>
「請求書」に記載の銀行口座・振込期限をご確認の上、銀行振込みにてお支払いください。
※請求書は、受付完了メールのURLよりダウンロード発行となります(紙面の送付はございません)。
※お申込の際、振込予定日をご記入いただきます(2022年10月末日を目途にお願いいたします)。
※振込手数料等はご負担頂けますようお願い申し上げます。
<お願い>
UTA研口座に複数案件を合算してお振込み頂く場合、下記振込通知書にご記入の上事務局宛にお送りください。
振込通知書(UTA研用)pdf」 , 「振込通知書(UTA研用)excel

■参加申込
※期日にて参加申込を締め切りました
・申込後に「申込完了のお知らせ」メールが自動送信されます
(メール文中に申込受付番号と請求書ダウンロードURLが記載されます)。
・万一確認メールが届かない場合、迷惑メールフォルダを確認いただき、
受信が確認できない場合、事務局宛にご連絡をお願いいたします。

■報告方法
本ページに掲示される報告様式(Excel)をダウンロードいただき
ご記入の上、報告様式内に記載の宛先にメール添付でお送りください。
<報告様式>
第2回 塗膜中PCB分析に関する共同実験」報告様式(EXCEL)

■報告に際して
※PDF等に変換せずエクセル形式のまま添付送信願います。
※様式中に赤字で記載の項目にご留意の上、ご記入ください。
※報告様式保存時のファイル名のお願い:
報告様式名のCF_pcb2022_rep-の部分は変更せず、その後に受付番号(申込完了メールに記載)-機関名を付して保存してください(例 CF_pcb2022_rep-099-日環協UTA研.xlsx)
メール件名:塗膜PCB報告-受付番号-機関名としてください

・「受付番号」はお申込の際送信される「申込完了のお知らせメール」をご参照ください
送信先;gokubiken76※jemca.or.jp
(上記アドレスの※を@に返還して送信してください)
※送信頂いた後の受信確認メールの都度返信は行いませんのでご了承願います

関連記事