新着情報

【環境省】「アスベストモニタリングマニュアルの改訂について」のお知らせ

アスベストモニタリングマニュアルの改訂

 この度、環境省では、環境大気中のアスベスト濃度の測定方法について、技術的指針である「アスベストモニタリングマニュアル」(以下「マニュアル」という。)の改訂を行いましたのでお知らせします。
 
 今回の改訂では、迅速な測定のための吸引流量、捕集時間及び捕集空気量の設定範囲の拡大、可搬型蛍光顕微鏡法の解体現場等の漏えい監視や災害時の環境モニタリングのスクリーニング法としての位置付け、災害時のアスベストモニタリングに関する記載の追加などを行いました。
 
【改訂の要点】
(1)迅速測定法における捕集条件の見直し
 第3部「解体現場等におけるアスベストの測定方法」において、「集じん・排気装置排出口等及び発生源近傍における漏えい監視・管理のための測定方法」に、「アスベスト迅速測定法」として、迅速な測定を可能とするため、吸引流量、捕集時間及び捕集空気量の設定範囲を見直しました。
 
(2)可搬型蛍光顕微鏡法のスクリーニング法としての位置付け
可搬型蛍光顕微鏡法について、十分な知見が得られていない部分があるものの、現場で測定結果を得られること及び地方公共団体等が指導に活用することでアスベスト飛散リスクの低減に繋げられるというメリットを考慮し、可搬型蛍光顕微鏡法を解体現場等の漏えい監視や災害時の環境モニタリングのスクリーニング法※として位置付けました。
※ スクリーニング法:現場で簡易かつ迅速にアスベスト繊維の確認ができる測定法
 
(3)「災害時における環境モニタリングのための測定方法」の追加
 近年の災害が多発している状況に鑑み、第4部「災害時における環境モニタリングのための測定方法」を新設し、調査対象地域、測定箇所、測定時間、分析方法等の災害時のアスベストモニタリングに関する記載を追加しました。
 
資料:アスベストモニタリングマニュアル(第4.2版)PDF[6.90KB]
 
○環境省報道発表:アスベストモニタリングマニュアルの改訂について
http://www.env.go.jp/press/110784.html
 

関連記事

会員情報他

 新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、職員の時差出勤、在宅勤務を実施しており営業時間内に電話がつながらない場合もございます。ホームページの「お問い合せ」または、担当者へメールにて、お問合せください。 ◆新型コロナウイルス等の感染防止策の取組

一般社団法人 日本環境測定分析協会

会員の方はこちら   HPご意見   入会のご案内   UTA研   ヘリウムガス   分析機関のご紹介   環境・経営セミナー開催予定   写真&論文募集   貸会議室ご利用方法   バナー広告募集

環境測定・分析関係メーカ会員ポータル

環境分析関係メーカー会員ポータル

委員会カレンダー

委員会カレンダー