新着情報

ISO/TC334 Reference materialsのLiaison Category A memberに登録されました

UILIがISO/TC334 Reference materialsのLiaison Category A member

 ISOのREMCO(Committee on Reference Materials; 標準物質委員会、1975年設置)は、ISO全般のTC(Technical Committee)及びWG(Working Group)に標準物質に係るGuide等を提供する活動を行ってきましたが、TMB(Technical Management Board; 技術管理評議会)の下部組織から、TC(Technical Committee)へと組織変更されることが本年2021年2月に決まりました。TCへ移行することによりGuideだけではなく、ISO国際規格が開発できることになります。なお、新しく設置されたCommitteeは、『TC 334 Reference materials』です。

 UILIは、2016年3月17日にREMCOのLiaison Category A memberに登録され、活動して来ましたが、今回のTC334の設置にあたり、日環協からUILI経由でLiaison Category A memberポジションの申請を行い、2021年3月19日に承認されましたのでご報告させて頂きます。

TC 334の情報は下記より閲覧可能です。
UILIの登録も確認可能です。
https://www.iso.org/committee/8300629.html

現在、TC 334のLiaison A メンバーはUILIを含み下記14の国際機関になります。
AOAC INTERNATIONAL (AOAC INTERNATIONAL, Association of Analytical Communities)
BIPM (International Bureau of Weights and Measures; 国際度量衡局)
EC (European Commission; 欧州委員会)
IAEA (International Atomic Energy Agency; 国際原子力機関)
IAG (International Association of Geoanalysts; 国際地理分析学会)
IFCC (International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine; 国際臨床化学連合)
ILAC (International Laboratory Accreditation Cooperation; 国際試験所認定協力機構)
IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry; 国際純正・応用化学連合)
OIML (International Organization of Legal Metrology; 国際法定計量機関)
PDG (Pharmacopoeia Discussion Group; 薬局方国際調和会議)
UILI (Union Internationale des Laboratoires Indépendants; 国際民間試験所連合)
UNESCO (United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization; 国際連合教育科学文化機関)
WASPaLM (World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine; 世界病理臨床検査医学会連合会議)
WHO (World Health Organization; 世界保健機関)

【参考】

◯Liaison Category A member
TC(Technical Committee)またはSC(Sub Committee)が取り扱う課題に関する業務について、そのTCまたはSCの業務に効果的な貢献をする団体。これらの団体には、すべての関連文書のコピーが送付され、会議への招請がなされる。Participating memberの2/3の承認が必要。投票の義務はありません(できません)が、Participating member (1国l機関)と同様にGuide及び規格に意見を提出することができます。

◯REMCOによる近年のGuide等
ISO Guide 31:2015 – Reference material – Contents of certificates, labels and accompanying documentation
ISO Guide 33:2015 – Reference materials – Good practice in using reference materials
ISO Guide 35:2017 – Reference materials – Guidance for characterization and assessment of homogeneity and stability
ISO Guide 80:2014 – Guidance on the in-house preparation of quality control materials (QCMs)
ISO 17034:2016 – General requirements for the competence of reference material producers – CASCO (Joint Publications)

関連記事

会員情報他

 新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、職員の時差出勤、在宅勤務を実施しており営業時間内に電話がつながらない場合もございます。ホームページの「お問い合せ」または、担当者へメールにて、お問合せください。

一般社団法人 日本環境測定分析協会

会員の方はこちら   HPご意見   入会のご案内   UTA研   ヘリウムガス   分析機関のご紹介   環境・経営セミナー開催予定   写真&論文募集   貸会議室ご利用方法   バナー広告募集

セミナー&催しカレンダー

セミナー&催しカレンダー

委員会カレンダー

委員会カレンダー