新着情報

試験研究用の高濃度PCB使用製品の取扱いについて

「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」における
試験研究等の用に供するため保管される高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の取扱い
に関する留意事項について

2021年8月27日に実施した緊急アンケートに関連して、環境省から(一社)日本環境測定分析協会に対し、各都道府県・各政令市産業廃棄物行政主管部(局)長宛てに上記内容に関する通知を行ったとの連絡がありました。
詳細については環境省ホームページに追って掲載予定とされていますが、概要は以下の通りです。

1. PCB試薬については、公共用水域の水質監視や行政検査、生物への毒性影響に係る研究等に用いられており、こうした国民の健康の保護及び生活環境の保全を目的とした試験研究並びにこれに付随して必要となる事業の用に供するために保管されていると認められる高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品については、ポリ塩化ビフェニル特別措置法の趣旨に照らして、高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物として確実に処分委託されることを担保する同法第18 条の規定は適用されないと解するべき。

2. 処分期間(特例処分期限日の適用を受けた場合にあっては当該日)を徒過してなお自ら処分又は処分委託していない場合であっても違法状態とは解されず、当然に改善命令や代執行の対象とはすべきではない。なお、当該使用製品に該当するか否かについては、あらかじめ、都道府県知事が事業者に対して事業計画の提出を求め、その内容を確認することにより判断することとされたい。

なお、今回の通知は、PCB原体またはPCBの割合が0.5%を超える「高濃度PCB使用製品」に該当するPCB標準品に関する技術的助言となっており、実際の運用に関しては各自治体担当部局へ確認することをお勧めいたします。

関連記事

会員情報他

 新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、職員の時差出勤、在宅勤務を実施しており営業時間内に電話がつながらない場合もございます。ホームページの「お問い合せ」または、担当者へメールにて、お問合せください。 ◆新型コロナウイルス等の感染防止策の取組

一般社団法人 日本環境測定分析協会

会員の方はこちら   HPご意見   入会のご案内   UTA研   ヘリウムガス   分析機関のご紹介   環境・経営セミナー開催予定   写真&論文募集   貸会議室ご利用方法   バナー広告募集

環境測定・分析関係メーカ会員ポータル

環境分析関係メーカー会員ポータル

委員会カレンダー

委員会カレンダー