新着情報

アジレント農薬分析ウェビナー“~残留農薬分析への新たなアプローチ~”

アジレント農薬分析ウェビナー “~残留農薬分析への新たなアプローチ~”

 海外からグローバルに受託分析ビジネスを展開する ALS からラボマネージャの Karl Kusko 氏をお迎えして、超臨界流体テクノロジーを用いた農薬分析のご講演とトークセッションを交えたウェビナーを企画いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。
 
開催日時 2022年1月17・18日 13:00-15:20(配信開始12:50)
 
プログラム
1月 17日(月) Day 1 ウェビナー「最新テクノロジーを用いた農薬分析」
・特別講演
 「食品安全分析の最前線~LC/SFC-MS 農薬分析がもたらす農作物生産者と分析者へのメリット~」
      株式会社 食品検査・研究機構 代表取締役 安藤 孝 氏
・アジレント講演「農薬分析に役立つアジレント・ソリューション」
 
1月 18日(火) Day 2 トークセッション「これからの農薬分析を考える」
・基調講演 1 
 “Pesticides screen QC and Validation requirements using QuEchERS based extraction protocols”
      ALS Lab Manager Karl Kusko 氏(オーストラリア)※逐次通訳による講演
・基調講演 2
 「残留農薬等の規制及び試験法の動向(仮)」
      星薬科大学 教授 穐山 浩 氏
・トークセッション「これからの農薬分析を考える」
 登壇者:星薬科大学 穐山 浩 氏、ALS  Karl Kusko 氏、食品検査・研究機構 安藤 孝 氏、東海コープ事業連合 斎藤 勲 氏、アジレント・テクノロジー 中井  隆志
 
▼プログラム・お申し込みはこちら
https://www.chem-agilent.com/seminar/detail.php?event=3e6fdb3ae6c6f
 
■お問合せ先:
アジレント・テクノロジー(株)
セミナー事務局
電話:0120-477-111
e-mail : lsca_agilent@agilent.com
 

関連記事

会員情報他

 新型コロナウィルス感染症拡大防止の為、職員の時差出勤、在宅勤務を実施しており営業時間内に電話がつながらない場合もございます。ホームページの「お問い合せ」または、担当者へメールにて、お問合せください。 ◆新型コロナウイルス等の感染防止策の取組

一般社団法人 日本環境測定分析協会

会員の方はこちら   HPご意見   入会のご案内   UTA研   ヘリウムガス   分析機関のご紹介   環境・経営セミナー開催予定   写真&論文募集   貸会議室ご利用方法   バナー広告募集

環境測定・分析関係メーカ会員ポータル

環境分析関係メーカー会員ポータル

委員会カレンダー

委員会カレンダー