新着情報

【関西支部】大阪労働局からの依頼:8月以降における熱中症予防対策の徹底について

「8月以降における熱中症予防対策の徹底について」

職場での熱中症予防対策については「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」等の取組が行なわれていますが、全都道府県の7月末までの熱中症件数は、昨年同時期より増加しています。
熱中症のピークが一般的に7月から8月であることを踏まえ、8月以降においても職場における熱中症予防対策のさらなる徹底を行って下さい。

○ 労働者の熱順化の喪失
熱へのばく露が中断すると4日後には熱順化の顕著な喪失が始まる。
このため、夏期休暇後など、一定期間暑熱環境における作業から離れ、再度当該作業を行う場合、熱順化していない状態に再び戻っていることが想定されるため、特段の注意が必要。

 

 

関連記事

会員情報他

会員の方はこちら   入会のご案内   分析機関のご紹介   写真&論文募集   会議室ご利用方法   バナー広告募集

セミナー&催しカレンダー

セミナー&催しカレンダー

委員会カレンダー

委員会カレンダー