SELF(分析値自己管理会)の流れ

趣旨と特徴

1.名称と組織
本会は「分析値自己管理会」(Analytical Data Self Control Member)、 略称「SELF」とします。

2.趣旨と特徴
測定値の精度管理が重要視される環境測定分析試験所において、自社の分析値を自から診断評価するシステムとしてご利用ください。自社の分析レベルの把握や技能の維持向上に役立てることができます。
このシステムの特徴は、SELFが定期的に配布した試料を自社の計画に合わせて、精度管理を実施するほか、新人教育など、分析値の信頼性を確保するために幅広く利用できます。

SELF参加の流れ

1.試料送付と分析の実施
参加試験所には年間計画に従い毎回、試料(容量約50mL)1瓶を送付しますので、分析は自社の計画(人・日時・試験方法等)で自主的に行ってください。

2.調製試料の解説と評価
試料送付の3か月後に会誌「環境と測定技術」に試料成分、調整濃度、液性、共存塩類等のデータを掲載しますので、そのデータをもとに分析者自身が分析結果を診断・評価します。

3.申込方法、結果報告および参加証
SELFのウェブサイトよりログイン後、申込・結果報告してください。

  1. 当協会ウェブサイトのSELFのページトップからログインして、数量・試料の送付先等を入力してください。
  2. 結果報告も申込と同じページで入力してください。
  3. 結果報告期限は、試料配付の概ね2か月後となります。
  4. 結果報告期限の翌営業日に統計データを提供します。
  5. 年度に配付した項目のうち、報告された項目をまとめた参加証を、翌年度8月末までに送付します。

4.参加事業所名の公表
参加事業所名は、当協会誌に掲載するほか、都道府県の関係機関等にも公表します。

 

JEMCAバナー広告募集中
株式会社エイビス
ビーエルテック
アジレントテクノロジー