SELF実施状況
お知らせ
◆<募集>第150回無機体窒素
 
 今年度4回目は「無機体窒素」になります。試料配付は、2022年2月21日(月)開始を予定しています。
 今回、硝酸体窒素および亜硝酸体窒素をそれぞれ報告していただきます。
 速報版パスワードは、実施回ごとに異なりますので、お申込みごとに協会への連絡欄にご記載ください。
  【募集締切:2月10日(木)】
 
 硝酸および亜硝酸は、水質試料を分析するうえで頻度も多く、非常に重要な項目と言えるのではないでしょうか。環境水、排水、飲料水等で基準値が定められており、精度管理がとっても大事です。
 精度管理に積極的に取り組まれている試験所は、こちら よりお申込みください。
 
 
◆<配付・報告>第149回全シアン
 
 今年度3回目は「全シアン」になります。サンプルは発送作業を完了しておりますので、11月22日(月)以降順次お届けいたします。
 結果をご報告いただく際、希釈に用いた器具に関するご報告も 下記 よりあわせてお願いいたします。
 【報告・請求書ダウンロード期限:2022年1月31日(月)】
 
 
◆<掲載>2020年度集計記事
 
 2020年度集計記事を「環境と測定技術9月号」に掲載いたしましたが、過去の実施状況ページ にも掲載しました。
 環境と測定技術を購読されていない方もこちらにて、統計解析結果をご確認できます。
 
 

 

SELFトップページ 目次

◆SELFについて
◆2021年度実施・実施計画および状況
◆2021年度実施・参加申込方法
 申込・報告
 申込・報告の流れ
◆2021年度実施・参加費用
◆2020年度実施状況

 
 

SELFについて

SELF(分析値自己管理会:通称「セルフ」)は、化学分析値を自社で診断評価する精度管理システムとして、1984年に開始以来、今年で38年目を迎えます。
2021年度は、下記のとおり実施いたします。毎年実施項目が異なりますので、日頃から測定する項目がありましたら、この機会にぜひ参加をご検討ください。
 
 

2021年度実施

◆実施計画および状況

2021年度配付試料は、鉛、蒸発残留物、全シアン、無機体窒素の4項目としました。環境分析に携わる機関では比較的分析する頻度の多い項目かと思います。
内部精度管理、新任者教育および技術伝承の機会として実施されてはいかがでしょうか。
各分析機関において信頼性確保のため、SELFへの参加や 標準物質 の利用をご検討ください。
 
また、SELFをより有益にご活用いただけますように、試料配付時に調製濃度を把握できるようにしました。「調製濃度早期公開版(速報版)」として、PDFの掲示しております。「調製濃度を知らないまま分析をしたい」という機関もありますので、ご希望の管理者の方にのみPDF開封パスワード(速報版閲覧専用)をお伝えしております。

 

 

実施回 試料 試料送付 報告期限 配付試料概要
協会月刊誌
案内
要領
速報版※1 調製濃度 統計解析結果
募集期間
第147回
2021年5月24日(月)から 2021年8月2日(月) 2021年8月号 pdf1PDF pdf1PDF pdf1PDF pdf1PDF
2021年4月5日(月)~5月13日(木)
第148回
全蒸発残留物※2 2021年8月23日(月)から 2021年11月1日(月) 2021年11月号 pdf1PDF pdf1PDF pdf1PDF pdf1PDF
2021年6月1日(火)~8月12日(木)
第149回
全シアン 2021年11月22日(月)から 2022年1月31(月) 2022年2月号 pdf1PDF pdf1PDF pdf1PDF
2021年9月1日(水)~11月11日(木)
第150回
無機体窒素 2022年2月21日(月)から 2022年4月27日(水) 2022年5月号 pdf1PDF
2021年12月1日(水)~2月10日(木)
* 配付時期や試験追加など変更となる場合がございます。どうぞご了承ください。
※1 速報版:内部精度管理、社内教育に利用されている管理者向け
  試料送付時に、調製濃度を記載したパスワード付きPDFを掲載します。
  開封パスワードは、希望された管理者にお送りしております。
※2 当初項目名称を蒸発残留物としておりましたが、全蒸発残留物に変更いたします。

 

  

◆参加申込方法

<2021年度>

 

 

申込・報告
お申込みはこちら-
クリック
-第149回全シアン・試料希釈に関する報告-
希釈報告サイト(外部サイト:Googleフォーム)
【報告期限:2022年1月31日】
 
なお、Googleフォームのご利用ができない場合、お手数ですが、こちら よりご連絡ください。
 

お振込みは、請求書ダウンロード後にお願いします。
試料配付翌月末までにSELF参加費のみお振込みいただける場合、振込通知書のご送付は不要です。

申込・報告の流れ

01. 申込:SELFページトップからログイン。「申し込み」ボタンを押下して、試料申込数、試料の送付先等を入力してください。
 ※システムより受付完了メールを自動送信しますので、ご確認ください。
 ※「調製濃度早期公開用パスワード」をご希望の管理職の方は、「協会への連絡欄」に、管理者の
  方の部署名・役職名・氏名・メールアドレスをご記入ください。なお、お申込みが管理者の場合、
  パスワード希望」のみの入力で構いません。試料発送日にご連絡します。
  なお、実施回ごとにパスワードが異なりますので、ご利用の方はお申込みごとに記載ください。
 ※受付期間中は、申し込みの取り消しができます。数量を変更する場合は、一度取り消し後、再度
  お申込みください。
 ※「報告試験所名の公開」ですが、試験結果は公開いたしません
  報告試験所名の公開は、精度管理に積極的に取組んでいることを外部にPRする機会になります。
  公開の有無は、実施回ごとに選択できます。こちら にてご確認ください。
 ※参加証は年度ごとに発行しますので、年度最終回の情報を基に発送します。
 
02. 請求書:試料配付日よりダウンロード可能になります。申込同様ログイン後、「請求書ダウンロード」ボタンを押下して、PDFファイルのダウンロードしてください。
 ※報告期限まで、何度もダウンロードできますので、お振込みの重複にご注意ください。
 
03. 支払:試料配付日の翌月末までにお振込みください。なお、翌月末までにお振込みが困難な方、他の費用とまとめてお振込みされる方は、「振込通知書」をご送付ください。
 ※お振込みは、請求書発行後にお願いします。。
 ※翌月末までにお振込みいただける方は、振込通知書の送付は不要です。
 ※精度管理のお申込みについて、「会員価格」は正会員のみとなります。賛助会員は一般となります。

 
04. 結果報告:申込同様ログイン後、分析日・分析値・試験方法・分析方法を入力してください。
 
05. 統計データ:報告期限の翌営業日、本ページにて統計データを提供します。

申込アカウントについて

上記【SELF(申込・報告)】ボタンより、事業所アカウント(メールアドレス;技能試験、UILI-ILP等と共通)・パスワードを入力してログインしてください。
・ログインID(参加アカウント)をお持ちの方は、すぐにWebからお申し込みいただけます。
・「試験用アカウント」および「Pから始まる番号」は廃止されました。
ログイン後、「登録情報確認」ボタンより事業所アカウントの登録情報の確認をお願いいたします。
住所、部署名、実施責任者などに変更があった場合は、事業所アカウントの「登録情報」の変更をお願
いたします。
事業所アカウント「登録情報」の管理・変更
・ 正会員  → 「会員専用」ページ
・ 一般参加 → 「一般参加アカウント」ページ
※ 賛助会員の方が試験参加される場合、「一般参加アカウント」を作成し参加をお願いいたします。
※ 各ページ(リンク先ページ)のご案内に沿って変更をお願いいたします。
事業所名に、登録情報確認ページ記載の会社名と同じ名称及び部署名を登録しないようにご注意ください(重複表示になります)。

その他:
● ご不明な点は、下記までお問い合せください。
一般社団法人日本環境測定分析協会 SELF事務局
eメール : self-jemca*jemca.or.jp 「*」を「@」に変えて送信して下さい。
大変お手数ですが、お問い合わせはeメールにてご連絡ください。

 
 

2020年度実施状況

実施回 試料 試料送付 濃度範囲
(mg/L)
配付試料概要
協会月刊誌
調製濃度
第143回 マンガン 2020年5月27日 1  ~  10 2020年8月号 pdf1PDF
第144回 pH 2020年8月24日 (公表なし) 2020年11月号 pdf1PDF
第145回 カドミウム 2020年11月24日 0.05 ~ 0.2 2021年2月号 pdf1PDF
第146回 ふっ素化合物 2021年2月22日 5  ~  20 2021年5月号 pdf1PDF
報告書 通知表(結果報告書) MS-Excel(Excel) 報告期限 2021年4月末
報告書送付先 self-jemca*jemca.or.jp 「*」を「@」に変えて送信して下さい。

 
 

JEMCAバナー広告募集中
ビーエルテック
株式会社エイビス
アジレントテクノロジー